chackee.com

 
Home Travel 旅行 China Uygur 中国 新疆ウイグル China Fringe (U6) 中国の看板

China Fringe (U6) 中国の看板

China Fringe (u6) Advertising 中国の看板

中国の看板のほとんどは漢字(といっても簡体)で書かれている。そして、英語が添えられている。
しかし、ウイグルの看板は漢字とウイグル文字がセットとなっている。
漢字なら何とかイメージできるけど、アラビア文字のように右から書くこの文字は全く判断ができない。


左)カシュガル旧市街にある近代的歯医者。看板の文字だけでは何屋さんだかわからない。
右)カシュガル「動物マーケット」のお店。漢字の部分の「肉」や「魚」で売り物の想像ができる。まあ、ここは見れば何屋さんかわかるけどね。


左)公式な場所は 3 つの文字が併記されていた。右)簡体文字もなんとなく理解できるが、この場合は英語の方が理解しやすいかもしれない。


左、右)この看板はウイグル自治区ではなく、貴州省の観光地、龍宮でのピクトタイプ看板。
紹介するページがなかったのでここで紹介。『小心』 = 「注意」。

これはカシュガル旧市街のページでアップしたものと同じ内容ですが。。看板をとりあげたページなので、もう一度。

左)文明家庭の看板、右)平安家庭。
旧市街の各家々の玄関の扉にこのパネルが貼られていた。
人民政府が認定するらしいのだが、「文明家庭 = 高学歴の家庭」「平安家庭 = 争いのない家庭」???あと、生活保護を受けている家庭などの看板もあるらしい。
現地ガイドさんに説明を受けたが、日本人の私たちにはいまいち良く理解できない不思議な分類の看板だ。


[China Xinjiang Uygur 中国 新疆ウイグル自治区の旅一覧]に戻る