chackee.com

 
Home Travel 旅行 China Uygur 中国 新疆ウイグル China Place (U19) カシュガル市街地

China Place (U19) カシュガル市街地

China Place(U19) Kashgar カシュガル市街地

カシュガル (喀什) の中心部、エイティガルモスク周辺に広がる旧市街や職人街。
モスク中心に発展した街並みは、新しさと古さが混在し、人々からはイスラム教の生活が感じられる場所だった。
街の散策を始めた時間、店々には男性が立っていたのに、帰る時は女性や子供になっていた。
なぜ?と不思議だったが、すぐに問題は解決した。夕刻になるその時間帯、熱心なイスラム教徒の男性たちはモスクで礼拝する時間だったようだ。


左)道の中央に並ぶリヤカーの店。ハミウリや野菜を売る。右)市街地メインストリート全景。


左)芋アメのようなものを売るおじさん。しぶい良い顔。右)羊肉の腸づめのような物を売るおじさん。

○職人街

左)銅製品を扱う店の前で、右)金属、刃物を扱う店がならぶ。


左)ザクロのジュースを売っている。店番がいなかった、右)歯医者さん。今、中国全域で歯医者さんに行くのがかなり流行っているらしく、この数百メートルの道に何十件もあった。皆この「唇と歯」の看板。ちょっとおもしろい。


左)綿屋さんの店先。たたいて空気を含ませる機械が店の中を占領していて、店先はこんな状態。お願いした女性は寒い店先で待っている、右)このトンネルの奥が旧市街地。


左)旧市街の街並み、車の通れる幅はない、右)街で遊ぶ子供たち。


左)文明家庭の看板、右)平安家庭。
旧市街の各家々の玄関の扉にこのパネルが貼られていた。
人民政府が認定するらしいのだが、「文明家庭 = 高学歴の家庭」「平安家庭 = 争いのない家庭」???あと、生活保護を受けている家庭などの看板もあるらしい。
現地ガイドさんに説明を受けたが、日本人の私たちにはいまいち良く理解できない不思議な分類の看板だ。


次の話を読む