chackee.com

 
Home Travel 旅行 China Uygur 中国 新疆ウイグル China Place (U6) タクラマカン砂漠

China Place (U6) タクラマカン砂漠

China Place (U6) タクラマカン砂漠 (塔克拉玛干沙漠、Taklamakan Desert)

タクラマカン砂漠は、世界で第 2 位(1 位はサハラ砂漠)の面積を持つ砂漠。
北に天山山脈、南に崑崙山脈といった大山脈にはさまれている。

タクラマカン砂漠。これは日本人なら学生時代に一度は耳にしたことのある名前だと思うし、意外と耳に残っている名称である。
一度入ったら「生きては戻れない死の砂漠」という意味もあるらしい。
そんな恐い砂漠に立ち入ることがあるとは思ってもみなかった。

1995年に第 1 砂漠公路、1999年に南疆鉄道、2007年に第 2 砂漠公路が開通したそうだ。
私達は第 2 公路を車でホータン(和田)からアラル(阿拉尔)に向け丸 1 日、北上した。
この季節、確かに寒いが風も穏やかで、砂煙も立たず、 公道周辺の砂地に足を踏み入れてもみたが、表面が凍って少し硬くなっているためか、蟻地獄状態にはならなかった。


左、右)第 2 砂漠公路はこんなに良い道。砂漠を真っ直ぐつきぬける。道の両脇には保護のために葦が升目状に植えられている。


左、右)砂漠のところどころで生きる胡楊(こよう)。生命力に驚かされる。
胡楊はポプラの仲間で『胡楊三千年』と言われるように「生きて千年、枯れて千年、倒れて千年。寿命が長く、枯れて倒れてからもなかなか腐らない」らしい。葉の青く茂るのも見てみたい。


左、右)風紋。


左)波立つような砂漠が続く。
右)砂漠公路の保護のために升目状に葦が植えられている。点々と小動物の足跡も見られた。どんな動物だろう?


次の話を読む


[China Xinjiang Uygur 中国 新疆ウイグル自治区の旅一覧]に戻る