chackee.com

 
[an error occurred while processing this directive]
Home Green 植物 Tropical Green 熱帯花木そだレポ アデニウム Adenium <01>

アデニウム Adenium <01>

アデニウム (砂漠のバラ) Adenium

多肉のように見えるが「砂漠のバラ」や「デザートローズ」と言われるように乾燥地域の植物だ。今年、熱帯花木の実生をやってみて『アデニウムもやってみよう!』とチャレンジ。

アデニウムは実生だと、下の方がトックリ状に膨らむらしい。
最初のトライは気温の問題か?発芽時期に20℃以下になってしまい失敗。
6末の30℃周辺のトライがいちばん発芽率が高かった。
その後もトライを続けたが、今のところ6個が成長している。

2015/5/10 4年経過してやっと開花した。
2016年の春はもっとたくさん咲きました。
混色種を、撒いたので、開花してお楽しみ今のところ、全部が違う姿です。


  • 16/06/30
    3つ目は丸い花弁です。

  •  
    混色の種だったので、全部違う姿のアデニウム。

  • 16/06/26
    ふたつ目は赤の剣弁です。

  •  
    全体の容姿はあまりに細い

  • 16/06/21
    今年はどんどん開花しそう。そのひとつ目

  •  
    覆輪です。

  • 15/08/01 4年越して、またまた開花!!
    今度は赤いお花で大満足!!
    一気に2つ咲きました。

  • コーデックスは細く長いけど、
    春先の水切りが良かったのかも。
     

  • 15/05/10 4年経過して、やっと開花!!
    ツボミにピンクのスジが入っていたが、
    白い一重の花だった。

  • 開花株の全体。
    首が長いが下の膨らみがちょっと色っぽい。
     

  • 13/07/30
    最初の花芽が強い雨に当たっておちた。
    2つ目のツボミはここまで成長したのに、
    ここ数日の雨と涼しさで開花せず、残念。

  • 13/06/10 3年目の春も順調に成長。
    花芽っぽいのが出てきた。
     
     

  • 12/10/08 この夏も順調。一番の成長株。
    寒くなってきたので、この状態で温室へ。

  • 12/07/29 冬を乗り越えられた12株。
    大きさもまちまち。

  • 11/11/23 温室に移動してからも順調だった
    1鉢が、今日ちょっとまずい状態に。。
    トックリ状の部分がシワシワして、
    触るとちょっと柔らかいのです。
    水切れ?根グサレ?

  • 水を与え続けているのはかなり元気だ。
    ということは、水切れ?
     
     
     

  • 11/10/26 最低気温が一気に低下。
    温室住人となった。

  • 11/09/17 少々早いが鉢上げ。
    用土はシャコバサボテン用の排水がよいもの。
    鉢も過湿にならないようテラコッタ。

  • 8末から気温の25℃以下になる日が続き、
    通常方法では腐食が早く、発芽が望めなく
    なった。そこで、ロックウールがイイらしい
    というので、その方法でやってみた。
    11/09/09 ロックウールでなおかつジップロック
    へ入れる方法でチャレンジ。

  • 11/09/17 また暑いが続いたせいか、
    思ったよりも発芽率がよい。ほぼ90%近い。
    今後を考えて、ロックウールが大きすぎるので、
    削ってみた。
     
     

  • 11/07/17 ちょっと大きくなったので早いが
    テラコッタ鉢に鉢上げ。

  • 11/08/28 大きさはまだまだ5cmくらいだが、
    下が膨らみ始めた?

  • 11/06/04 種を入手。
    1cmくらいのから7mmくらい。
    触った感触はツルツルしていなくて、
    つまヨウジ風。

  • 11/07/09 6月末から開始した種の発芽。
    この時期が一番良い状態。
     
     
科名:キョウチクトウ科
分類:
原産地:東アフリカ
草丈・樹高:50cm~3m
越冬温度:約10℃

 


関連記事


[Tropical Report 熱帯花木そだレポ 一覧]に戻る

最終更新 ( 2015年8月1日(土曜日) )