chackee.com

 
[an error occurred while processing this directive]
Home Green 植物 Tropical Green 熱帯花木そだレポ ナンバンサイカチ Cassia fistula <01>

ナンバンサイカチ Cassia fistula <01>

ナンバンサイカチ Golden-shower-tree (南蛮梍莢、 カッシア フィツラ、 Cassia fistula)

ラオスでたくさん見かけたゴールデンシャワー。フジのように垂れ下がる花がカワイイ。
日本の藤のように花房が垂れ下がるが、木の大きさや花が満開の圧倒感は日本の春の桜が満開の様相に似ている。

これも苗ではなく、熱帯花木の種まきチャレンジの一環。
6月後半に撒いた。
モモイロナンバンサイカチより一回り小さく、1cmくらいの種だが、外側の皮がかなり硬そうなので、種の両側をサンドペーパーでこすり、水に一晩つけ、種が膨れたことを確認してからポットへ移動。
気温は30℃以上が続いていた。
発芽は2個、発芽率:2/3(66%)

小さい苗の水切りや与えるタイミングが難しい。
このナンバンサイカチは葉の先端がとんがっていて、他の熱帯マメ科のものとちょっと違っていた。でも、植物園にある大きい株も同じ葉っぱだったので、少々安心。

実生:樹高 20cm、葉の広がり35cm、茎の一番太いところ5mm。


左)12/08/15 冬越ししてほぼ1年。小さい方は冬越しできなかった。大きい方は、ちょっとだけ成長。右)11/09/17 実生の生育状態の健康診断を実施。ナンバンサイカチは2株発芽したが、成長がいまいちなので測定はやめておきました。


左)11/07/02 発芽したが、あまり元気がなく心配。右)11/08/03 順調にひと月経過したが、茎は細い。葉は熱帯マメ科の中では珍しく葉の先端がとがっている。

科名:
分類:
原産地:熱帯アメリカ原産
草丈・樹高:
越冬温度:

 


関連記事


[Tropical Report 熱帯花木そだレポ 一覧]に戻る

最終更新 ( 2012年11月04日(日曜日) 22:25 )